雑記

【21卒】「社会人」に慣れず、成れず、命の運営はハードモード

2021年10月1日

もう10月か、と思うと同時に、

いつまで経っても「社会人」に慣れず、成れず、

そんな自分に焦りを感じている。

今日は「人生100年時代」とか言われているのに、

23歳で絶賛人生迷走中の自分の整理をしようじゃないか。

21卒新社会人として働き始めてはや半年。

割と昔から器用貧乏でなんとか「普通」の人生をやっていけると信じていたけど

9月も半分が過ぎる頃、私はお医者様に「抑うつ状態」と診断されてしまった。

腹痛・吐き気・涙・食欲減退など、あの手この手で体がサイレンを鳴らし

異常を伝えてくる。

それでも今はまだ、診断書は会社の机の中にしまって毎日働いている。

私はどうしてこんなことになっているのだろうか。

金融業界の会社に営業職として就職した。

人と話すのは好きだったし、それなりにできるだろうと思っていたが、

私が好きなのは「友人との会話」であって

会社のためになることを話すことではなかった。

「地球は青い」レベルで当たり前過ぎることに

どうして気づかなかったのか、大学生時代の自分に問いたい。

…実は気づいていたくせに 気づかないふりをしていたのだろう。

私はこれまでの人生で 自分の気持ちと行動が一致していなかった事に気づいた。

大学生時代、サークルの大人数の飲み会が嫌いだったのに、サークルを辞めなかった。

きっと世間一般の大学生のイメージに自分が馴染めないことが嫌だったのだ。

サークル入って、ワイワイして、お酒でたまには失敗し、なんていう

大学生のテンプレ通りに生きないと損した気分になっていたのだ。

そのくせやっぱり馴染めないから幽霊サークル員と化して

全員と中途半端な関係を作ってしまう居心地の悪さ。

高校時代、美人で賢い友達がいたら、その横で自虐してお笑いポジションを取った。

就活でもなんちゃって自己分析を行い、

就活で欲しがられる人材になるため

明瞭闊達な性格です!!って顔をして

人見知りな自分に蓋をする。

よくわからないこだわりだけど、はじき出されないように生きてきた。

でも、学生生活の中では通用した

私のくだらない処世術で対応しきれなかったようだ。

体育会系の社風、業務外の強制的な飲み会の幹事、接待コンペに、ノルマ…

とにかく自分が適応しきれないのだ。

「早くこの風土に慣れないと」と仕事に向かおうとすると

心が全力拒否をする。

毎朝、心と身体が逆方向を向いている。

「人生100年時代」だなんて言われると正直めまいがしてゾッとする。

いっそ、寿命が短くて、定年も早い時代であれば諦めがついたのかもしれない。

でもそういうわけには行かないようなので

私は今からでも自分の命を落とさないように方向転換をしなければいけない。

早く社会人に成りたい。

大人は楽しいぞ、と言える社会人に。